ダイエットが続かないあなたに提案します。

キレイにやせて、学んで役立つ
まず、人が痩せるしくみとはどのような状態でしょう。							まず、ダイエットの基本原理から考えてみましょう。 キレイにやせて、学んで役立つ

まず、人が痩せるしくみとはどのような状態でしょう。							まず、ダイエットの基本原理から考えてみましょう。							本来、人間が痩せる場合は基本的に二つの理由しかありません。							一つ目は内臓疾患があり、単体又は複数の臓器に故障が見受けられる場合、							二つ目は短期、又は長期に渡り、体が飢餓状態に陥った場合、							通常はこれ以外に痩せる理由は見当たりません。							ダイエットとは、敢えて人為的にこれらの状況を作り出し、肥満を解消しようという健康管理術です。

ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ

@内臓疾患、臓器の故障をあえて人為的に作るダイエットとは?
これらのダイエット方法は、健康障害を引き起こし、
まかり間違えば、死に至る場合もあり大変危険です。
たとえば・・
 
 
 
では、ダイエットをしない理由は何んだろうか?と調べてみるとそれぞれ理由はありましたが、志の弱さが見えてきました。
●下痢が止まらなくなり死者まで出ている
●その薬やサプリメントを飲まないと便秘になりがち
●下痢ばかりすることによって内臓に負担がかかる
●健康被害の事例が多い


薬剤系ダイエットは、
一番健康被害が多発しているダイエット方法で、
厚労省のホームページを見てみると健康被害の実態がよく解ります。

例を挙げると、
「痩せるお茶」などと云って安易に販売されているようですが、
これらのダイエット方法は、主に消化器系の小腸や大腸に下痢の作用を
起こさせ、食べたものを吸収させないというようなダイエット方法です。

巷で一番ありふれたダイエット方法ですが、過去、健康被害も多く
10年近く前には天天素なるダイエット薬で、6〜7人の死者が出て、
厚労省から販売差止め通達が出た事は記憶に遠くありません。

もちろん、下痢が止まらなくなり救急搬送されたダイエッターが
何十人も居たことは言うまでもありません。
(厚労省のホームページ健康被害参照)

いくら食べても下剤を飲めばいいなどと考えている安易なダイエッターは
根本的に間違っています。それは決して健康的なダイエットとは言いません。

長く続けていると、その下剤がないと便が出なくなったり、
腸壁が弱くなったりと重篤な副作用も多いようです。

ただ全てが全て、危険という訳ではなく、
お医者さんの管理下で服用すれば、それなりの効果があると認可されている薬剤もあります。
(例えば食欲抑制剤のサノレックスなど…)

 

 

 

ダイエットをあきらめる最大の敵は体重停滞期です。

●脂肪吸引で死者が出ていることは周知の事実
●切除胃は元にもどらない
●食事の回数が一日5〜8回と増える
●空腹になると震えが出たりすることがある


外科手術系ダイエットは、
皆様よくご存知のようにお腹の脂肪を吸引したり、胃袋を切除したりと
多種多様な手術が行われているようです。

最近話題になった外科手術系ダイエットとしては、元大相撲の小錦さんが、
胃の切除をして350?もあった体重が、今は130?まで落ちたと話題になりました。
また某美容クリニックでは、1〜2年前、脂肪吸引をしたお客様が、実は二人も死亡していたと、
テレビや他のマスコミなどで取り上げられておりました。

このように、外科手術系ダイエットは簡単に脂肪を取り除く作業は出来るようですが、
生命の危険と隣り合わせの事態があるということを忘れてはいけません。

また、20年、30年という長い臨床例が少なく、安心して身を任せる事が適当かどうか、
判断に迷うところです。

ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ

@内臓疾患、臓器の故障をあえて人為的に作るダイエットとは?
  実は・・・ダイエットとは痩せてからが重要です。
(食事をジュースやスープ、クッキーなどに置き換える)
●筋肉が落ち、脂肪過多の体型になりやすい
●女性は出産を考えるとお薦め出来ない
●生涯続けることは難しい
●毎月費用がかかり、なおリバウンドの危険性が高い


絶食系ダイエットは言葉の通り、食事の量を激減させること。
今、流行りの置き換え系ダイエットなども、この中に含まれます。

このダイエットの特徴は、食べ物を極端に減らす為、効果はすぐ現れます。
しかし、欠点として体重の減少と同時に除脂肪組織である
筋肉まで痩せてしまう事があげられます。

また、新陳代謝に必要なカロリーが不足することもあり、抜け毛、切れ毛、
肌の荒れなどの原因になりがちです。

また、目標の減量を達成し食事を元に戻した途端リバウンドが始まり、
ダイエット前より変な太り方をしてしまったなどとよく聞く話です

この時期は、いわば出口のあるトンネルと同じです
●健康体を維持しながらダイエット出来る
●生活習慣病を克服出来る
●三食決まった時間に食べるのは仕事上むずかしい
●カロリー計算なんか分からない

   
カロリー計算系ダイエットは、もちろん誰が考えても理想だとは思いますが、
いちいち、この忙しい毎日の中でカロリー計算などはしていられないとの声をよく聞きます。


あなた自身のダイエットです、あなたの意思の強さが重要な特効薬なのです。
5年10年と長い生活習慣から肥満系になった身体を、短期間の1カ月や2カ月で、
昔の元の身体に戻したいと思ってもそれは無理があります。
 
無理に絶食系や薬剤系のダイエットに走ると、下記のような弊害が生まれます。
 
● 骨や筋肉まで減ってしまう
● やつれて髪や肌を傷める
● 貧血や骨粗鬆症にもなりやすくなる
● 女性は生理不順、無月経、不妊症になることもある
● 疲れやすく体調を崩す
● 風邪などをひきやすくなる
● 意欲が減退し、活動力が低下する
● 体重がリバウンドしやすい
●失敗から自己嫌悪に陥りやすい
●ストレスから過食になりやすい
●過食・拒食を繰り返すこともある

 
ダイエットを成功させるためには、まずダイエットに於ける最低限の知識や理論を学ぶこと、
そして、新陳代謝が一回りする三ヶ月を目処にダイエットを考えることが大切です。
 

どんなダイエットをしようと個人の自由意志の問題ですが、
せっかく健康に痩せたくて始めるダイエットですから、
そのダイエットで身体を壊してしまっては元も子もありません
しかしながら人は健康の為、
人生のどこかで一度は正しいダイエットを学ぶ必要があります
正しいダイエットを学びたい方は
「ダイエットマスター資格講座」資料請求をお待ちしています

ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ

実は・・・ダイエットとは痩せてからが重要です。
(摂取カロリーは消費カロリーより少なくという事です。)
ダイエットで一番大切なこと
それはもちろん節食です。
 
腹八分どころか、痩せたければ腹六分くらいでも構いません。
 
極力、摂取カロリーは抑えること
しかも一日三回、同じ時間、
一日、一回か二回の不規則な食事で、
食べた量が減ったからいいや…は最悪です。
基礎代謝量ギリギリでも人間は十分生きて行けます。
 
「食事が主で運動が従」というのがダイエットの大原則
 
上手にダイエットする為には、
「食事が主、運動が従」が大原則であり、
それぞれが相手の欠点をカバーしながら、
スムーズな減量を推進する大切な役割を果たしています。
また、基礎代謝を高めていく為にも運動は不可欠です
 
しかし減量の為に突然過激な運動を始めて、
返って体調を崩したり、怪我をするケースは後を絶ちません。
 
またノルマを決めて、一定の運動療法を歯を食いしばって継続しなければ
体脂肪を減らすことは出来ないと勘違いして、
義務感や苦痛とともに運動を続けている姿もよく目にします。
 
ダイエットの為の運動とは、
心肺機能を鍛えて運動能力を高めることを目的とした運動とは違います、
前者とは全く異なった種類であるということを認識しなければいけません。
 
ダイエットのための運動は、まず歩く、軽く走るなどの有酸素運動が適しています。
ウォーキングは有酸素運動の中でも、もっとも強度の低い運動ですが、
長時間おこなえて、
しかも「いつでも、どこでも、一人でも」と、自由にやる事が出来ます。
 
また、誰でも安全に、自分に合ったペースで楽に実践する事が出来ます。
ウォーキングを続けると、年齢とともに低下する基礎代謝を維持し、
高めていくことも可能です。
また、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の治療や予防にも役立ちます。
 
余分な体脂肪を効率よく減らすには、
「乗るより歩け」の生活をする。」の一語に尽きるでしょう。

ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ

実は・・・ダイエットとは痩せてからが重要です。
現在、世界的に慢性的肥満と言われており、
それと共にダイエット知識の必要性は日に日に高まるばかりです。
 
何故なら肥満体はただカッコ悪いだけでなく「肥満は生活習慣病のデパート」とも言われ、
肥満が引き金となる生活習慣病が余りにも多いからです。
 
また反対に現代の若い女性の間では、「行き過ぎた痩せ願望」が度を超えており、
痩せれば痩せるほどスタイルがいいと錯覚している若い女性も多いようです。
 
厚労省の栄養調査では、国民の約7割がダイエットに関心があるといわれ、
その内の約8割が過去なんらかの形で
ダイエットを経験したことがあるとの結果が発表されています。
 
これほど国民的に関心の高いダイエットですから、
日本ダイエットアカデミー協会では「学校でダイエットを教えるべき」が持論です。
 
しかし、よく考えてみると、学校=文部科学省=日本国となり、
学校でダイエットを教える場合、国家としてカロリーの高い、太りやすい食品を
バッシングすることに繋がりかねない為、
学校で教えることはなかなか難しいのかも知れません。
 
人生で一番大切なもの。
それは健康です。
 
もし、身体を壊したら自分自身の夢が中断するだけでなく、
あなたの家族、友人の笑顔も一緒に消えてしまいます。
 
ダイエットとは健康な人生を送るべく、知っておかなければならない
最低限の健康管理術なのです。

 


ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ

いまテレビや雑誌でダイエットという言葉や文字を見ない日はありません。
ご存知のように、全く根拠のないヤラセ番組や間違いだらけの情報が罷り通り、
 
また市場原理主義の悪質なダイエット関連業者も蔓延っています。
 
その不正確な情報から身を守る術は、
自分自身が正しいダイエットの知識や理論を知っておく以外にありません。
 
痩せること自体はそれほど難しいことではありません。
 
一番難しいことは、痩せたあとに起こるリバウンド。
 
精密機械より更に精密な人体は、痩せたら即、生命の異変を感じ
同時に痩せた分を取り戻すため太ろうとします。それがリバウンドです。
 
減食などで痩せた場合は、痩せる時に筋肉まで一緒に痩せてしまい、
リバウンドする時にはレジスタンス運動(筋肉強化運動)をしないと筋肉は戻ってくれません。
 
痩せては太り、痩せては太りを繰り返すことを「ウェイトサイクリング」といいますが、
だんだん、痩せずらく、太りやすい身体に変わってしまいます。

 

 
人間の身体は「基礎代謝」と云って、一日中何もしないで寝ていても、呼吸をし、
血液を体内に送り続けるなど、生きる為に最低限必要なエネルギーがあります。

 
そして、その身体を、一日中、動かしている「生活エネルギー」もあります。
 
その二つのエネルギーを合わせたものが「一日の消費エネルギー」となる訳です。
 

 
 

割合はアバウトな数字で、基礎代謝エネルギーが六割、
生活エネルギーが四割と言われています。
 
また、この基礎代謝量は性別、身長、体重などにより大きく違います。
 
一般的な男性ですと、約1400〜1500キロカロリー、
(身長170cm±5cm、体重65?±5?くらいの人)
 
一般的な女性だと1100〜1200キロカロリー
(身長160cm±5cm、体重52?±5?くらいの人)となります。

ですから生活エネルギーを計算する計算式は、
6:4=1500:X
6X=6000
X=1000となって、
基礎代謝が1500キロカロリーある人は、生活エネルギーが
1000キロカロリーあるという訳です。
 
この例をとれば、
この人の一日の消費エネルギーは、1500+1000=2500キロカロリーになります。
 
それぞれの基礎代謝量から、生活エネルギーを割り出し、
ご自分の一日の消費エネルギーを計算してみましょう。
 
あくまで基本的なダイエットは、
毎日の摂取カロリーを消費カロリー以下に抑えることが基本になります
 
問題は、どの程度の期間でどの程度痩せたいのかだと思います。
 
また、摂取カロリーが消費カロリーを超えるような生活を長く続けていると間違いなく太ります。
 
日本ダイエットアカデミー協会では、
ダイエットの種類として、
1.絶食系ダイエット
2.薬剤系ダイエット
3.外科手術系ダイエット
4.カロリー計算系ダイエット
の四種類に大別して考えています
 
どのダイエット方法も一長一短があり、
どれが正しいと決め付けられるものではありませんが、
 
真剣にダイエットに取り組むのであれば、
最低限の知識や理論を学んでからチャレンジすべきだと考えています。

ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ