http://dietacademy.jp/

日本における現在の大まかなダイエット方法

※人為的に痩せさせていく訳ですから、ひとつ間違えば大変危険です!

1.絶食系ダイエット

言葉の通り、食事の量を激減させる方法です。
今、流行りの置き換え系・単品ダイエットなども、これに含まれます。
食べる量を極端に減らしてしまうので、減量の効果はすぐ実感できますが、同時に筋肉まで痩せてしまうので注意してください。
また、目標の減量ができて、安心して食事を元に戻した途端リバウンドが始まり、ダイエット前より変な太り方をしてしまったなどとよく聞く話です。

  • 手軽に店頭やネットで買える
  • 販売業者が、購入者の体型を痩せるべきかどうか見ていない。
    長いスパンで見ると金銭的な負担が多い。

2.薬剤系ダイエット

「痩せるお茶」など、下痢の作用を起こさせ、食べたものを吸収させないというようなダイエット方法です。過去、健康被害も多くて、下痢が止まらなくなって救急搬送されたり、死者も何人も出たという報道もありました。いくら食べても下剤を飲めばいい、などは決して健康的なダイエットとは言いません。
また、食欲抑制剤(サノレックス)や海外からの直輸入による脂肪吸収阻害剤(ゼニカル)などは、医師の管理下で行うべきものであり、本来は個人単位で行うべきものではありません。
※厚労省で認可されている薬は除く。

  • 手軽に店頭やネットで買える
  • 販売業者が、購入者の体型を痩せるべきかどうか見ていない。
    長いスパンで見ると金銭的な負担が多い。
    ※健康被害を厚労省のネットで調べてください。
      亡くなった人もたくさんいます。

3.外科手術系ダイエット

お腹の脂肪を吸引したり、胃袋を切除したりと多種多様な手術が行われているようです。
元大相撲の小錦さんが、胃の切除をして350kgもあった体重が130kgまで落ちたと話題になりましたね。でも、某美容クリニックでは脂肪吸引をした患者が二人亡くなりました。外科手術で簡単に脂肪を取り除くことは出来るようですが、生命の危険と隣り合わせの事態があるということを忘れてはいけません。また、20年、30年という長い臨床例が少ないので、安心して身を任せる事が適当かどうか、判断に迷うところです。

4.カロリー計算系ダイエット

健康体を維持しながらダイエット出来ます。
誰が考えても理想的なダイエットだとは思いますが、ある程度の知識がないとカロリー計算などできません。ましてこの忙しい毎日の中でどれくらい食べていれば痩せるのか分からない、との声も聞きます。

個人レッスンのジムなどに通ってカロリー管理された場合!

  • 指導者がダイエッターの体型を見て指導してくれている間は効果があがる。
  • その後ひとりになった時、それなりの勉強をしないとリバウンドしやすい。
    また、ずっと指導者をつけてダイエットする場合は、当然金銭的な負担が多い。

個人的にカロリー計算系ダイエットをした場合!

  • 減食が基本になるので、食費そのものがかからない。
    金銭的な負担が大幅に減少する。
  • ダイエットの基本などを最低限学ばなくてはならない