ダイエットが続かないあなたに提案します。

キレイにやせて、学んで役立
つ
夢を実現これからの時代が求める資格資格から広がる活躍の数々!理想のプロポーションは正しい知識から キレイにやせて、学んで役立
つ

1.健康でいたいから		2.写真や鏡に写った自分を見て愕然としたから		3.去年買った洋服が入らなくなったから		4.どんな服もかっこよく着こなせる体型でいたいから		5.恋人ができたから		6.やせたら人生が変わると思うから		7.憧れのタレントやスポーツ選手のようになりたいから		8.いつまでもデブだと言われたくないから		9.水着を着なくてはいけなくなったから		10.やせればもてそうだから		12.自分では太ってないと思っていたのに、周囲からはそう思われていなかったから		13.健診でメタボと診断されたから		14.医者に長生きしたければ痩せなさいと言われたから		15.結婚式が控えているから	如何でしょう?皆さん、どこかに思い当たるきっかけはありませんか?

では、ダイエットをしない理由は何んだろうか?と調べてみるとそれぞれ理由はありましたが、志の弱さが見えてきました。続かなそうだから 39.7%		面倒だから 38.6%		誘惑に負けてしまいそうだから 32.5%		つい「明日から」になってしまいそうだから 32.3%		お金がかかりそうだから 17.2%		効果がなさそうだから 16.3%		何をすれば良いか分からないから 15.7%		その他イロイロ…
ダイエットマスター受講者さま
というのが、インターネットリサーチ調べによる
「ダイエットしない理由は何ですか 」に対する大まかな回答です。
だいたい予想通りの結果ですね。

皆さん、ダイエットに対して否定的ではないものの、
積極的に取り組もうという姿勢はあまり見られません。
全て後ろ向きであり消極的です
しかし、長い人生においてどこかでダイエットを始めるきっかけは必ずあります。

ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ

ダイエットをあきらめる最大の敵は体重停滞期です。
ダイエットとは、食べ過ぎないこと、
体内のエネルギーバランスをマイナスに保つことこの2つです!
(摂取カロリーは消費カロリーより少なく!という事です)
 
これにより、白色脂肪細胞の中に蓄積されている中性脂肪を
エネルギー源として転換利用させ減量をはかります。
人体の脂肪組織は、
純粋な脂肪約80%と、
水や他の成分約20%から構成されています。
 
中性脂肪1gの持つエネルギーは9キロcalですから、
体脂肪1kgを燃焼させるためには、
9kcal×1000g×0.8=7200キロcalの負のエネルギーバランスを
作り出せばよいという計算になります。
 
そこで、1日当たり1000キロcalのエネルギー不足状態を作れば、
週に約1kg(1000kcal×7日=7000kcal)
月に約4kgの体重減少(体脂肪燃焼)が得られる計算になります。

 
消費エネルギー2500kcalの一般的男性は1500kcalでの生活に、
また消費エネルギー2100kcalの一般的女性は一日1100kcalでの生活に…という事です
 
丁度、一般的男女の基礎代謝量の数値です
 
もちろん、こんな単純な机上計算どおりに減量が進む訳ではありませんが、
まず食事療法を徹底実践し、
これに補助的に運動療法(有酸素運動+筋力強化運動)を併用して
効率的に体脂肪の燃焼をはかるというのが「ダイエットマスター」の大原則になります

ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ

実は・・・ダイエットとは痩せてからが重要です。
実はここからが大変なのです。
単に痩せるだけなら誰もそれほど苦労しません。
痩せたあと、
一般食に戻した途端、恐いリバウンドが待っています
そこを乗りきってこそ、
初めてダイエットに成功したと言えるのです。

ダイエットは食事が主、運動が従という考え方、これが大原則です!

ダイエットで一番大切なこと
それはもちろん節食です。
腹八分どころか、痩せたければ腹六分くらいでも構いません。

極力、摂取カロリーは抑えること
しかも一日三回、同じ時間、
一日、一回か二回の不規則な食事で、
食べた量が減ったからいいや…は最悪です。
基礎代謝量ギリギリでも人間は十分生きて行けます。

(一般男性1400〜1500kcal、一般女性1100〜1200kcalくらい)
その量を三回に分けて食べて下さい。
ダイエットをあきらめる最大の敵は体重停滞期です。
ダイエットを始めると、最初の1〜2週間は目にみえて体重が減少します。
この時期には、主に身体から水分が抜けていくからです。
ところが3〜4週間もすると、
減量のスピードが鈍くなったり、
体重が全く動かなくなる事があります。

ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ

ある程度、体重が減ってくると、

身体はこれ以上、体脂肪を減少させないように、
少ない食事でも利用効率が高まるよう基礎代謝を少なくします。
すると、体重の減少にブレーキがかかった状態になってきます。

体重停滞期というのは、
人体が飢餓の状態を乗り越えて生き延びようとする素晴らしい適応現象でもあるのです。
体重停滞期は、普通1〜2週間ぐらい続きます。

減量に失敗する人のほとんどは、
この時期に挫折してしまいます。
あきらめて元の生活パターンに戻ったり、
イライラして食べたりすると体重はすぐリバウンドしてしまいます。

体重が減らなくなったら、まず諦めない事が大切です。
この時期は、いわば出口のあるトンネルと同じです
摂取カロリーが消費カロリーを数百カロリーでも下回っている限り、必ず痩せていきます。
諦めないでトンネルを抜け出して下さい。

 

あなた自身のダイエットです、あなたの意思の強さが重要な特効薬なのです。

ダイエットマスターは一般社団法人 国家資格対策センターが推薦し、
日本ダイエットアカデミー協会が認定する「日本初のダイエット資格」です!

ホームページTOPへ