ホームダイエットマスターのご案内世界初のダイエット資格よくあるご質問
仕事につなげたい

ダイエットマスターは
ビジネスにも強い味方となります。

ダイエットマスターはビジネスにも強い味方となります。

予防医学としても注目を集めているダイエットの知識を現在の仕事やキャリアアップに活かしてください。

ダイエットマスターでは、一日3食食べながら痩せる健康ダイエット方法を学ぶことができます。 リバウンドのない、最も安全で健康的なダイエット方法を理論と実践で学ぶことができます。

各種営業職

ビジネスのキーマンも健康的なダイエットに高い関心をもっています。

接客業をなさっている方はもちろん、営業職や経営者の方は、様々なお客様に相対することが多く、その分たくさんの話題や知識が必要とされます。また、あらゆるお客様に相対するわけですから、お客様から様々な知識を学ぶ事も多く、一般事務職に比べ、他業種を勉強する機会も多くなります。

打ち合わせの合間にする雑談で人柄を気に入っていただいたり、知識を評価していただいたりして、ビジネスもうまくいく……そんな経験はありませんか?

自分を売り、会社を売り、最後に商品を売る。営業の鉄則です。 だからこそ、どう売り込めば良いのか悩んでいる方も多いはず。

お客様に何を話したらよいのか、会話をスムーズに進めるにはどうしたらよいか……話題の引き出しがたくさん必要です。 その引き出しの中に、本格的なダイエットマスターの知識や理論を是非取り入れて下さい。

エステティシャン・美容師・理容師

“健康美人”を目指すダイエットマスターの資格でお客様からの評判も大幅アップ

エステティックサロンの利用者の大多数は痩せることを目標にしていることと思います。
実際に、非常に多くのエステティシャンの方がダイエットマスターの資格を取得しています。ちなみにダイエットマスターに入会、資格取得をされた方のご職業で一番多いのがエステティシャンです。

また、多くの方が1~2ヶ月に一度は美・理容室へと足を運び、そこで数時間を過ごすことでしょう。様々なお話をする中で、ダイエットの話題は出ませんか?

整体師・鍼灸士

ダイエットは時代のトレンド。メニュー開発や女性客の心をつかんで売上アップへ

整体院や鍼灸院をご利用になる方は、体の痛みや不調を抱えた方です。その不調の原因となるのは、怪我や病気はもちろんですが、生活習慣に因るものが多いはず。

施術をすれば一時的には回復するでしょうが、根本治療となるとどうしても生活習慣の改善についてアドバイスが必要になることでしょう。

そうしたときに役に立つのがダイエットマスターの理論と実践です。

ダイエットマスターでは、ただ単に痩せるということではなく、心身の健康な状態を取り戻すことを目的にしています。 日ごろの食事内容や、体に負担のない運動量といったことまでトータルにアドバイスできればお客様の満足度は高いものになるのではないでしょうか。

医師・看護師・介護士

ダイエットのプロとして正しい食事療法や生活習慣病の予防アドバイスを。

超高齢社会を迎える現代、今、医学界で注目を集めているのが予防医学。病気にならない体づくり、生活習慣を支援しています。ダイエットマスター講座で指導するダイエット方法は医療の視点からプログラムされた正しいダイエット法。肥満・生活習慣病予防の患者さんへ適切なアドバイスと食事療法の指導をすることができます。

教師

心身ともに健康にやせる正しいダイエット理論で生徒との信頼関係を。

思春期は体の基礎をつくる大事な時期。ところが最近では外食やお菓子を主食にする子どもが多く、さらには無知なまま食べないダイエットをする女子中・高校生も増えています。 生徒の健康管理や食生活にまで気を配れる先生はなかなかいないもの。。

正しいダイエット方法や食事の大切さを指導する上でダイエットマスターの知識は役立ちます。生徒や保護者からの信頼を高めるためにも、理論から説明できる先生を目指しましょう!

スポーツ・インストラクター

フィットネスと最先端のダイエット理論でトップインストラクターへ。

スポーツジムに通って来られるお客様は、ご自身の体調管理に人一倍の関心をお持ちの方ばかりです。また、そのほとんどの方は痩身について考えており、メタボなどとは無縁な自分でいたいと願っています。 勿論、運動をしない人達に比べれば、効果はあります。。

ジムに通う人たちは、ご自身の身体を本気で考えている熱心な方が多いわけですから、ダイエットに関する興味は人一倍持っています。。

ところが、どうしたら痩せるのか、よく分からなくて、とにかく歩いて走って、自転車を漕いで、汗だくになって身体を動かせば良い、と闇雲に頑張ってる方が多いのではないでしょうか。。

そんな方には基礎代謝、生活運動エネルギー、一日の摂取カロリーや消費カロリーについて教えて差し上げましょう。 せっかく素晴らしい運動をされている方々ですから、正しい知識と理論で、運動がより効果を上げるようアドバイスをしてあげてください。



コース案内
入会申込
資格試験について