ホームダイエットマスターのご案内世界初のダイエット資格よくあるご質問
クイズで学んでみよう!ダイエットの基本
06.ウェイトサイクリングと隠れ肥満

【 ? 】の部分をクリックすると解答が見れます。

ここでは、リバウンドを繰り返したときの危険をお話しします。

ダイエットの繰り返しは危険

ダイエットで、いつも問題になるのは、せっかく減らした体重が元に戻る、つまりリバウンドです。

これは過激なダイエットで短期間に体重を減らしたり、自分に合わない無理なダイエット法で長続きしなかった時に起こります。

リバウンドしたら、また減量すればよい、と考える人もいるようですが、これは薦められることではありません。

ウエイトサイクリングとは?

体重の減少とリバウンドを繰り返す事を、「ウェイトサイクリング」といい、この現象を繰り返すと身体の中身が変わってしまいます。

特に食事療法だけに頼ったダイエットでは、体脂肪と一緒に筋肉も少し減ってしまいます。 体重が戻る時には、主に体脂肪のみが増加し、筋肉は殆ど増加しません。

リバウンドの回数を重ねるごとに筋肉が減って、その分、体脂肪に置き替わってしまい、締まりのない身体になってしまいます。

ダイエットしてリバウンドをした事のある経験者はよく解っている事と思います。 特にお腹まわりが、自分のお腹とは信じられないくらい脂肪が付いた経験はありませんか?

隠れ肥満とは?

更に問題なのが、筋肉が減ると基礎代謝量も減ってしまう事です。そうなりますと、全体的な消費エネルギーが少なくなりますから、ますますエネルギー収支がプラスになり、太りやすく痩せにくい身体になってしまうのです。

また、体重がリバウンドすると、減量前よりも体脂肪率は高くなってしまうため、いわゆる「隠れ肥満」になってしまうことが多いのです。

必要なダイエットですか?

また、本来はダイエットなどする必要のない人が、いたずらに体重を減らし、ウェイトサイクリングを繰り返すと、体脂肪率が上昇して、「隠れ肥満」になってしまう可能性があります。

以前、隠れ肥満について調査したことがありました。

その人たち全員に共通していた事は、ただ一つ、やる必要のないダイエットに何度も挑戦して、ウェイトサイクリングを繰り返していた事でした。

知識や理論がないと、
本当のダイエットは出来ません

知識や理論がないと本当のダイエットは出来ません。
知識や理論のない人は一時的に痩せてもすぐリバウンド してしまうのです。

ぜひ、あなたもダイエットマスターで 正しい知識や理論を学んでください。

コース案内
入会申込
資格試験について