ダイエットマスター

会員ログイン フリーダイヤルとメール問合せ
ダイエットマスター フリーダイヤルとメール問合せ 会員ログイン
○ヶ月で○kgやせたい?
あなたのダイエットプランを
計算してみよう!!
ダイエットを始める上で、あなたが最低限知っておかなければならない、
あなたの基礎代謝量や摂取カロリーとのバランス、またBMI、ダイエット期間
などが確認できます。
(数値は半角で入力)
女性 男性 (性別をチェック)
三角年齢:
三角身長: cm
三角体重: kg
三角目標体重: kgに
三角 ヶ月で、なりたい!
ここに診断結果が表示されます
※基礎代謝量は、ハリス・ベネディクト方程式を元に性別、年齢、身長、体重から計算しています。
※運動消費エネルギーは、厚生労働省の定めるMets数値(運動の種類によって数値は変わります)により計算しています。
あなたはどちらのタイプですか? ご自身が痩せたい 仕事につなげたい 資格も取りたい ダイエットマスター教材紹介 ダイエットマスター実践コース ダイエットマスター資格コース
あなたはどのタイプですか?
ご自身が痩せたい 仕事につなげたい 資格も取りたい
ダイエットマスター実践コース ダイエットマスター資格コース

教材到着後、1週間以内に代金をお支払いください。
お申し込み後は月会費・年会費など、いっさいの金銭的ご負担はありません。

よくあるご質問 受講生の声
会員コース申込 資格コース申込

ダイエットマスターで学べること

生涯役立つダイエット知識の集大成
実践コース・資格コースのどちらでも下記教材が全てご利用いただけます。

1.動画講義
あなたに必要なことがすべて、詰まっています。

見て覚える。聞いて覚える。トータル4時間32分の本格的な動画講義がDVDとオンラインで学べます。

知識や理論と言っても難しく構えないでください。
イラストを使った動画コンテンツなので、勉強している気持ちにならないくらい、ラクに身につきます。

DVDの他に、オンラインで視聴もできますので、スマホやパソコンでも学習できます。
教科書(ナレーション台本)2冊付。

サンプル動画

<基礎編>
はじめに(11:51)※オンラインのみ 
1 ) ダイエット = 痩せること?
2 ) 正しいダイエットで、身も心も健康になる!
3 ) 一日にどのくらい運動しますか?
4 ) 一日にどのくらい食べますか?
5 ) まとめ(1)
6 ) まとめ(2)
第一章「新陳代謝について」(15:48)
1 ) 新陳代謝を知っていますか?
2 ) ダイエットの目安が3ヶ月の理由
3 ) 自分自身を知る(1)
4 ) 体組成計を使って自分の体内を確認しましょう
5 ) 肥満は「身長のわりに体重が重すぎる状態」ではありません!
6 ) かた太りとかくれ肥満
7 ) どんなダイエットの種類があるの?
8 ) Let's Do the ヘルシーダイエット
第ニ章「自分を知ること」(21:16)
1 ) 自分を知ること
2 ) あなたがなりたい自分はどんな自分ですか?
3 ) 行き過ぎた「やせ願望」
4 ) 自分自身を知る(2)
5 ) 食事日記・生活活動日記
6 ) 記録の目的は己を知ること
7 ) 腹囲チェック
8 ) 内臓周囲の脂肪は「生活習慣病」に注意!
9 ) 内臓脂肪や体筋肉量もチェック
10 ) 記録は少なくとも1ヶ月はつけましょう
11 ) 「太ってきた」サインに気付くことは早期予防のポイント
12 ) 肥満の認識
13 ) ライフスタイルチェック
14 ) ダイエットの基本は「自分を見つめ直す」こと
第三章「生活習慣病」(19:37)
1 ) 生活習慣病
2 ) 健全なライフスタイルを身につけること
3 ) 糖尿病(1)
4 ) 糖尿病(2)
5 ) 高血圧(1)
6 ) 高血圧(2)
7 ) 高脂血症
8 ) 高脂血症の治療
9 ) 動脈硬化
10 ) 狭心症・心筋梗塞
11 ) 高尿酸血症
12 ) 脂肪肝
13 ) 肥満が原因になっている生活習慣病
14 ) がん
15 ) 飢餓のころ…
第四章「減量方法を知る」(20:08)
1 ) 減量方法を知る
2 ) 間違った減量をしないために
3 ) SOSサインが出る前に…
4 ) 意外に気づけない自分自身のメンタルバランス
5 ) 話題のダイエットここが間違い
6 ) 腹筋体操、テープ、ベルトで部分やせ?
7 ) あなたのからだに入れていくものだから
8 ) 低インスリンダイエットの効果
9 ) やせ薬には やみ薬やニセ薬が多い
10 ) 減量治療指導の進め方の概略
11 ) 減量(治療)計画の立て方
12 ) 脂肪細胞が増える肥満とふくらむ肥満との関係
13 ) 中年太りこそ、減量のしがいがある?
14 ) ob遺伝子とやせホルモン「レプチン?!」
15 ) 自分のベスト体重
第五章「行動修正療法とは」(21:03)
1 ) 行動修正療法とは
2 ) 01・02・03・04タイプ
3 ) 05・09・10・12・13タイプ
4 ) 01・02・05・11・13タイプ
5 ) 01・02・03タイプ
6 ) 01・02・03タイプ
7 ) 01・05・06・07タイプ
8 ) 04タイプ
9 ) 05・10・13タイプ
10 ) 02・05・08・09・11・13タイプ
11 ) 04・08・09タイプ
12 ) 10・12タイプ
13 ) 13タイプ
14 ) ダイエットとは、良い印象を与えるテーブルマナーを身につけることである
15 ) 行動修正療法とは…自分の生活習慣を知り太りにくいライフスタイルをつくりあげていくものです
第六章「実践的ヘルシーダイエット」(27:13)
1 ) 実践的ヘルシーダイエット
2 ) いきいきダイエットのための栄養学
3 ) 主食のとりかた 複合糖質からとるポイント
4 ) 糖尿病食は手軽なモデルメニュー
5 ) 食品群早見表
6 ) コレステロールの減らし方
7 ) コレステロールより「隠れた脂肪」に要注意
8 ) どんなふうに脂質を摂るのか
9 ) リノール酸はからだによい?
10 ) オリーブ油(オイル)に注目!
11 ) 青い背の魚をもっともっと食べよう
12 ) 油を使う料理のエネルギーの抑え方
13 ) エネルギーを抑える食品・料理・献立
14 ) もの足りなさを感じさせない料理術
15 ) 簡単にできる朝食で 食事抜きを防ぐ
16 ) 夜食を食べたい時の段階別対策
17 ) 酒とつまみのとりかた
18 ) 新しい自分を開拓していく
<上級編>
第一章「運動療法の進め方」(23:18)
1 ) やせるための運動 まず「歩く」(1)
2 ) 事前のメディカルチェック
3 ) 運動に何を期待するか?
4 ) やせるための運動 まず「歩く」(2)
5 ) いつでも、どこでも、1人でも
6 ) 楽しく続けて一日一万歩をめざそう
7 ) 1万歩を達成できたら20〜30分のノンストップ歩行
8 ) 運動不足の解消に
9 ) 筋肉を引き締めるレジスタンス運動
10 ) テレビを見ながらCM体操
11 ) 赤筋(せっきん)と白筋(はっきん)とは?
12 ) 筋トレで腕が太くなる?
13 ) 筋トレをすればやせる?
14 ) 運動と体脂肪と骨と筋肉の関係
15 ) 有酸素運動とレジスタンス運動の関係
16 ) ストレッチング
17 ) ながら運動はおすすめ!
18 ) 動く習慣の習得
第二章「リバウンドの予防と対応」(10:05)
1 ) リバウンドの予防と対応
2 ) エネルギー収支を赤字にするには
3 ) 太りにくい体質に変えていく
4 ) 成功する減量曲線は、階段のようなライン
5 ) 体重が減らなくなってから
6 ) ウエイトサイクリングの危険性
7 ) ウエイトサイクリングを誘発する要因
8 ) リバウンドをなくすには
第三章「摂食障害」(32:03)
1 ) 「摂食障害」
2 ) 拒食症 Anorexia Nervosa : AN
3 ) 過食症 Bulimia Nervosa : BN
4 ) 特定不能の摂食障害
5 ) 摂食障害の自己診断
6 ) 摂食障害の原因
7 ) 美への憧れとダイエット
8 ) スポーツ摂食障害
9 ) 摂食障害の治療
10 ) 日常生活での対処法
11 ) さまざまな治療法-再養育療法
12 ) さまざまな治療法-内観療法
13 ) さまざまな治療法-認知行動療法
14 ) さまざまな治療法-家族療法
15 ) 身体と心の関係を大切に…
第四章「アルコール依存症」(06:44)
1 ) 様々な臓器故障
2 ) アルコール依存症
3 ) 適度な飲酒量(1)
4 ) 適度な飲酒量(2)
第五章「オキナワ26ショック」(18:27)
1 ) オキナワ26ショック
2 ) 全国平均を下回る寿命(1)
3 ) 全国平均を下回る寿命(2)
4 ) 1キロ歩いたことがない
5 ) 豆腐と昆布と豚肉
6 ) 元凶はアメリカナイズ
7 ) 油の量も多い
8 ) 泡盛も危険
第六章「ダイエットマスター」として(40:19)
1 ) 「ダイエットマスターとして」
2 ) メタボリック・シンドローム(代謝症候群)
3 ) からだが錆びるのを防ぐライフスタイル
4 ) 活性酸素による老化を防ぐ
5 ) 抗酸化物質の上手なとり方
6 ) タバコは百害あって一利無し
7 ) ニコチン依存に注意!
8 ) 理想的な食と酒
9 ) 赤ワインなら からだによい?
10 ) 緑茶パワーは健康の源
11 ) アメリカ人も認めた大豆パワー
12 ) 納豆・豆腐はやっぱりおすすめ!
13 ) 『おふくろの味』をダイエットに
14 ) 正しい糖質の摂り方
15 ) モナリザ(=MONALISA)症候群
16 ) 自分を抑える力を身につける
17 ) 無意識にしている生活習慣
18 ) 食べすぎになりやすい食環境を見直す
19 ) 「三多」をつねに心に留めて
20 ) ダイエットマスターとしてのこれから

2.オンライン教本 動画講義よりも更に専門的に、深く解説します。

一生に一度は学ぶ必要のある内容です。ダウンロードしてプリントすることもできます。
<基礎編> 
第1章 肥満と肥満症
1.肥満とは
1)体重が重いと肥満?
2)BMI25 以上が肥満
3)BMIだけではわからない
4)体脂肪計、体組成計のじょうずな使い方
第2章 内臓脂肪型肥満と肥満の恐怖
1.腹囲チェック
1)中年に多いりんご型肥満・若い女性に多い洋なし型肥満
2)内臓の周囲に脂肪がつくと「生活習慣病」になりやすい
3)ウエストがきつくなったら内臓脂肪型肥満のサイン
2.肥満はなぜ怖い?
1)太りやすい体質は強力なサバイバル能力だった
2)飽食の環境のもとでサバイバル能力は裏目に
3)内臓脂肪型肥満から“死の四重奏”へ
4)“死の四重奏”の危険度は?
第3章 実践的ヘルシー・ダイエット食
1.減量作戦の基本
1)エネルギー代謝と体脂肪の関係
2)中年以降が太りやすくなる理由
2.いきいきダイエットのための栄養学
3.バランス食を腹七~八分目
第4章 現代人が太る仕組み
1.肥満は遺伝する?
1)ob遺伝子とやせるホルモン「レプチン」!?
2)アディポサイトカインとインスリン抵抗性
3)肥満と遺伝子の関係
2.体脂肪がたまる仕組み
1)中性脂肪と白色脂肪細胞の関係
2)エネルギーの備蓄タンクと肥満の関係
3.現代人の肥満の理由
1)現代人の太りやすい環境について
2)肥満者では交感神経の活動が低下している?
3)日本人は30 年前より2~4倍位太っている人が増えている
4)過食を引き起こしている食行動
5)太りやすい生活環境のなかでの生活の見直し
4.中年太りはやせやすい!?
1)脂肪細胞が増える肥満とふくらむ肥満との関係
2)子どもの頃に増えた脂肪細胞は一生減らない?
3)中年太りはやせやすい?
第5章 ヘルシー・ダイエットの原則と食事療法の基本
1.肥満症に対する治療法
2.有酸素運動で体脂肪がメラメラ燃える?
3.若い女性のやせ志向の行きすぎと健康美の基準
1)健康体重のモデルは?
2)やせるのとやつれるのは違う!
4.食事療法の基本
1)バランス食かアンバランス食か?
2)食事療法を学ぶ時間がないという人におすすめの方法
3)単純糖質と複合糖質
第6章 肥満の行動修正療法 あなたはどのタイプ?
1.食事が不規則、食事抜きタイプ
1)ダイエットするには1食抜くのがよいか?
2)不規則な食事は体脂肪をため込む
3)食事を抜くと、つぎの食事で大食いになりやすい
2.まとめ食い、ドカ食いタイプ
1)まとめ食いは力士が太るパターンと同じ
2)満腹は必要以上の体脂肪をため込む
3)週末過食症はストレス太りの側面も
3.深夜の飲食、夜ふかしタイプ
1)夜ふかし族の方のために
2)夜は副交感神経の働きが活発になり、体脂肪が蓄えられやすい
4.早食い、せかせか食いタイプ
1)食欲を支配する満腹中枢と摂食中枢の関係
2)満腹感を感じる前に食べすぎてしまいやすい
5.間食大好き、ながら食いタイプ
1)食事以外に食べている量の点検を
2)間食と体脂肪の関係
3)テレビを見ながらの食事は要注意!
6.残りものの整理、つまみ食いタイプ
1)残りものについて…
2)減量中は、ひと口残す勇気を
3)残りものは捨てる勇気を
7.つき合い、つられ食いタイプ
1)減量中のつき合い食は気をつけて
2)空腹でなくても、つい食べる
  つられ食いは無意識過食の一つ
8.外食、市販品、手軽食タイプ
1)手軽なものは太りやすい 頭を使って選ぶ
2)外食
3)持ち帰りの食事
4)インスタント食品
9.太りやすいものが好きなタイプ
1)脂肪は高エネルギー、果物の果糖は吸収が早いので要注意
2)ごはんの食べすぎに注意
10.アルコールのとりすぎタイプ
1)アルコールは1g7kcal
2)お酒とつまみの関係について
11.気晴らし食い、やけ酒タイプ
1)いらいら解消に食べたり飲んだりすると、エネルギー過剰に
2)気晴らし食いは糖質性のものになりがち
3)ストレス時の食事には
12.運動不足、運動苦手タイプ
1)「省エネ」型、の注意点
2)からだを使わない生活は体脂肪をため込みやすい
3)現代社会は運動不足になりがち
13.体質だからとあきらめるタイプ
1)食事も生活も心理的な面も生活習慣から受け継ぐものが多い
2)長い間の習慣で身についたもの
第7章 話題のダイエット法と巷のダイエット法
1.話題のダイエットここが間違い
1)水断ちダイエットではやせられない
2)クリームや石けんでやせられる?
3)腹筋体操、テープ、ベルトで部分やせ?
4)単品ダイエット、偏食ダイエットの危険
5)健康食品は表示を確かめる
6)食物繊維加工食品は有効?
7)やせ薬にはヤミ薬やニセ薬が多い
8)超低カロリー食(VLCD)は栄養素を補給するから安全?
9)三食のとりかた
10)低インスリンダイエットの効果?
第8章 生活習慣病を予防する ライフスタイル
~総復習~
1.生活習慣病とは
2.生活習慣病の動向と予防に役立つ「養生訓」
3.ライフスタイルをチェックする
4.からだが錆びるのを防ぐライフスタイル
5.生活習慣病を予防する20カ条
<上級編> 
第1章 生活習慣の記録のつけ方
1.記録をつけて太ったわけを自覚する
1)案外わかっていない自分の生活習慣
2)食事と生活活動を記録して関連性をチェックしよう
2.食事日記・生活活動日記
3.体重、体脂肪率、歩数表
1)体重や歩数を記録するメリット
4.太りやすい生活習慣をチェックする
1)肥満に陥りやすい行動パターンを見つけて、そのときの状況を点検する
5.無意識にしている生活習慣を分析
1)太る行動パターンを見つけたら、そのきっかけを洗いだそう
2)行動連鎖を早い段階で断ち切ると、がまんしないで楽にやせられる
6.食べ過ぎになりやすい食環境を見直す
1)購入、貯蔵、調理、配ぜん、あと片づけにも目配りを
7.挫折しにくい行動修正目標の立て方
1)実現可能な行動目標を立て、具体的に書き出す
2)実現できているどうかをチェックし軌道修正などを行う
第 2 章 リバウンドの予防と対応
1.リバウンドを防ぐには
1)短期間のダイエットの問題点
2)エネルギー収支を赤字にするには
3)太りにくい行動修正療法
2.停滞期をどうする?
1)減量開始後の注意
2)体重停滞期の留意点
3)グラフをつける利点
第 3 章 誰にでもできる運動療法
1.シェイプアップに役立つ運動
1)運動と体脂肪と骨と筋肉の関係
2)有酸素運動とレジスタンス運動の関係
3)基礎代謝を高めるには…
2.安全に続けるために
1)アクシデントを避けるには…
2)生活活動日記の応用のしかた
3.ウォーキング
1)ウォーキングはもっとも簡単
2)1週間の平均歩数をつけよう
3)ペースアップするには
4.歩数を増やす
1)歩数の増やしかた
2)一日1万歩を達成できたら 20~30 分のノンステップ歩行を
5.ストレッチング
1)運動不足解消にもなる
6.CM 体操
1)体脂肪といっしょに筋肉を落とさないために
7.レジスタンス運動
1)腰痛予防にも役立つ腹筋、臀筋、背筋の強化
8.生活習慣の改革
1)日記の見直しからヒントを!
9.ながら体操
1)テレビを見ながら、屋外でもリラックスしながら
10.腰痛対策
1)運動不足と肥満、同じ姿勢の連続が腰痛を起こす
第 4 章 ダイエットのための栄養のとりかた
1.主食のとりかた 食べ過ぎに気をつけて
1)複合糖質からとる大切なポイント
2.菓子、果物のとりかた
1)菓子 果物
3.ドリンク類のとりかた
1)意外に高エネルギー、単糖類は吸収がはやい
4.酒とつまみのとりかた
1)上手な組み合わせで楽しむ。ウイスキーなら太らないか?
2)アルコールの適量と酒量の減らしかた
5.外食のとりかた
1)外食時は考えて…
2)メニューの選び方…
第 5 章 肥満と生活習慣病
1.肥満症
2.生活習慣病の頻度と自分の健康状態に対する認識
3.肥満が関係する病気
肥満は複雑に絡み合ってさまざまな病気の下地となる
1)糖尿病
2)高血圧
3)高脂血症
4)動脈硬化
5)狭心症・心筋梗塞
6)脳卒中
7)高尿酸血症・痛風
8)脂肪肝
9)胆石
10)逆流性食道炎
11)睡眠時無呼吸症候群・いびき
12)変形性関節症
13)腰痛
14)性ホルモンの異常
15)がん
4.メタボリック・シンドローム
5.減量指導(肥満症治療)実施上の注意点
第 6 章 肥満に対する減量指導の進め方
1.減量(治療)法選択のためのガイドライン
2.減量(治療)指導の進め方の概略
3.減量(治療)対象の選定
4.減量(治療)計画の立て方
5.最終目標は自分のベスト体重
6.ウエイトサイクリングの危険性
第 7 章 食事・運動療法の進め方
1.コレステロールの減らし方
1)食物繊維をしっかりとる
2)隠れた脂肪に気をつける
2.中性脂肪が高いケース
3.リノール酸はからだによい?
4.からだにやさしい脂肪酸
5.エネルギーを抑える食品・料理・献立
6.低エネルギーでおいしい調理法
7.油を使う料理のエネルギーの抑え方
8.もの足りなさを感じさせない料理術
9.市販品の上手な組み合わせ方
10.簡単にできる朝食で食事抜きを防ぐ
11.夜食を食べたいときの段階別対策
12.水分補給はどのくらい?
13.運動の進め方
14.運動に何を期待するのか?
15.事前のメディカルチェック
16.減量のために効果的な運動処方の一例
第 8 章 摂食障害
1.摂食障害とは
2.摂食障害の診断
1)拒食症
2)過食症
3)特定不能の摂食障害
4)診断上の鑑別に役立つポイント
5)身体症状
6)自己診断
3.摂食障害の原因
1)複雑な人間関係
2)グルメブームによるもの?
3)美への憧れとダイエット
4)スポーツと摂食障害
4.摂食障害の治療
1)家族の対応と協力
2)日常生活での対処法
3)何科を受診すべきか
4)さまざまな治療法
5)再養育療法
6)内観療法
7)認知行動療法
8)家族療法

3.ヘルシークッキング動画 1日1500kcal前後のメニューを3分間クッキング300食を紹介。

オンライン動画で簡単クッキング!
「生涯役立つヘルシー料理の学習」と 「食事面からの本格的なダイエット」を実践!

料理が苦手な人も大丈夫!
1日3食で約1500kcal。栄養バランスの整ったヘルシーメニュー300食を管理栄養士・荒牧麻子先生が監修
(クッキング動画130食、料理解説動画170食)

3分クッキング風の動画映像にて、 ヘルシー料理のワンポイントアドバイスから、 食材の切り方、調理方法まで指導していますので、 料理が初めての方にも最適です。

毎日の健康管理だけでなく、料理も得意になります!

サンプル動画を見る

(1)リアル献立メニュー 90食
栄養バランスの整った行刑施設の献立に注目し 法務省東京矯正管区より取り寄せた「塀の中」のレシピです。

(2)アレンジ献立メニュー 180食
栄養学に基づき、管理栄養士が栄養バランスを考えてオシャレにアレンジして作ったヘルシー献立メニューです。

(3)おたすけ献立メニュー 30食
食べ過ぎた時、食欲がない時、飲み過ぎた時など、毎日の生活の中で体調に合わせて活用いただけるように、 栄養や、消化を考えたメニューです。

4.ダイエット用語集 健康にダイエットするために最低限知っておくべき用語。

教材に出てくるダイエット用語をまとめました。
基礎代謝
消費エネルギー
摂取エネルギー
三大栄養素
五大栄養素
隠れ肥満
かた太り
低体重
行動修正療法
運動療法
有酸素運動
レジスタンス運動
腹筋体操
BMIと体脂肪率
洋なし型肥満
りんご型肥満
健康体重
普通体重
体脂肪率
血糖値
体脂肪
カロリー
体組成計
インピーダンス
生活習慣病
死の四重奏
中性脂肪
食物繊維
たんぱく質
ビタミン
ミネラル
単純糖質
単糖糖質
複合糖質
糖質
脂質
コレステロール
グリセロール
抗酸化物質
レプチン
ブドウ糖
DHA
EPA
アディポサイトカイン
特定保健用食品
インスリン
GI値
尿酸
白色脂肪細胞
ヘモグロビンA1c
遊離脂肪酸
NK活性
脳血栓
心臓病
収縮期血圧(最高血圧)
拡張期血圧(最低血圧)
尿路結石
胆のう炎
胆汁酸
糖尿病は怖くない
精神科
心療内科
ストレス
退 行
節度ある飲酒
浮腫
300食レシピ
ダイエットの目安
ダイエットの極意
ダイエットマスター
モナリザ症候群
ベストウエイト
月に1〜2kgが目安
欧米型食事
肥満
肥満1度
B M I
70年代

個体特性
記 録
自 我
でん筋
そけい部
下肢(かし)

医薬品
基礎代謝を高めるには

ダイエットを始める前に必ず知っておいて欲しい大切なこと

クイズ形式で学んでみよう!ダイエットの基本常識

世界のダイエットにまつわる歴史

1878年 人類初のダイエット本(6万部が売れた!)
「肥満に関する大衆への書簡」
(イギリス / ウイリアム・ベンティング)
ローカーボ・ダイエット(38週で15kg痩せた!)
肉OK、果物少量、アルコールOK、炭水化物は可能な限り食べない、という食事法。
これ以降、約100年間は世界大戦があったり、医学も今ほど発達していなかったため、
肥満が直接病気に関係しているとも考えられず、ダイエットが話題に上ることも多くありませんでした。
1973年 BMI値が制定
アメリカでの肥満に対する国際会議にてBMI値が制定された。
日本では90年代に普及しはじめた。
それまでは各国で肥満に対する基準が違っていた。
例えば【身長-100】とか、【(身長-100)×0.9】とか…
1989年 死の四重奏
(「糖尿病+高血圧症+高脂血症」+「肥満」のこと)
世界的に相次いで発表された
1999年 日本肥満学会 東京宣言
肥満が津波のように人々を襲い、健康のみならず、
社会的、経済的な面でも大きな損失をもたらせている。
2000年2月 アメリカ農務省、ワシントンで「大栄養学討論会」を開催
様々なダイエット方法を検討
2001年1月 結論「低カロリーバランス食が最適」
アメリカの農務省はアメリカ政府としての結論を公表!

どんなダイエット法であろうと1日あたり1500kcal以下に抑えられている限り短期的には減量ができる。調査の結果、一般食に戻した途端リバウンドする割合が高いこと、そして長期的にはデータ不足で栄養学的には問題ないとは言えない。
それを受けて、日本の厚労省は…
摂取栄養素としては
【糖質 60%、 たんぱく質 15%、 脂質 25%】前後くらいが適正であろうと結論
2003年 アメリカでチーズバーガー法案 可決
(正式には「食品消費個人責任法」という)
肥満の原因をファーストフード業界に求めて訴訟をおこすことを禁止する法案。
それを受けて映画「スーパーサイズ・ミー」が製作された。
1ヶ月間、毎日、マクドナルドだけの食生活を行った映画

日本では・・・

1960年ころ 成人病という概念が行政的に提唱されはじめた
昭和30年代半ばから「成人病」と呼ばれ、大人になったら殆んどの人がかかる病気だと思われていました。
1980年代 日本国内でもダイエットが話題に上るようになってきた
1996年12月 生活習慣病を定義 旧厚生省、現・厚労省の公衆衛生審議会の答申
日々の生活習慣(食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒など)が、その発症、進行に関与する疾病群を「生活習慣病」と定義された。
1999年 日本肥満学会が肥満の新しい判定基準を発表
2004年 日本ダイエットアカデミー協会が設立される
2005年 日本ダイエットアカデミー協会より
資格コース案内「ダイエットマスター」が発表
マスコミなどで大きく話題になる
2005年 それまで考えられていた「誰でも1日あたり1500kcal以下」ではなく、
一日の摂取カロリー量を各個人の基礎代謝量に抑えることで減量することを提唱
2008年4月 メタボ健診
肥満に対する国家の対策としてメタボ健診施行
40歳〜74歳までの成人は各市区町村で無料メタボ健診を受けることができる。 

ダイエットの歴史は、実はそんなに古くないのです。

会員コース申込 資格コース申込